夜勤の仕事がきつくなったら

仕事に不安を抱えたまま我慢して働き続けるよりは、転職を決断した方が良いことも多いです。しかしまずは、なぜ仕事に不満を抱えているのか、その理由を突き詰めるようにしましょう。仕事の不満の原因を明確にすると、転職先を決める際の重要なヒントをそこから得ることができます。

例えば、よくある職場への不満に、夜勤の仕事がきついという問題があります。看護や介護の職場では、夜勤の業務が伴う場合が多くあります。しかし、夜勤の仕事に適応できるかどうかは人それぞれ異なるため、どうしても夜勤の仕事が体に合わないというケースもあります。確かに、夜勤の仕事は手当てが良いなどのメリットもあり、優先的に夜勤の仕事を選ぶ人もいます。しかし、夜勤の仕事が体に合わないようであれば、いずれ過労やうつ病など体の症状に異常が表れるようになることもあります。その場合、無理しながら夜勤の仕事を続けるよりは、転職をして新しい職場に移った方が良いとも考えられるでしょう。

そこで、次の職場で同じ失敗を繰り返さないように、今度は夜勤の仕事がない職場を選ぶ必要があります。介護の業界では、夜勤の無い仕事先を見つける事はできます。夜間は要介護者を預かっていない職場であれば、夜に働く必要性はありません。日中だけ仕事をこなせばいいため、仕事の不安は大きく軽減できるようになるでしょう。あるいは夜勤がある職場でも、事情を理解してもらい配慮してもらう手段もあります。必ずしも理解が得られるわけではないものの、夜勤が仕事の不満になる場合の対処法の一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です